ミモザは植えてはいけない!?失敗しないための5つのポイントと育て方のコツ

※当ブログではプロモーション広告を利用しています。

黄色や白い愛らしい花を咲かせるミモザは、その見た目の可憐さと心地よい香りで、多くの人々を魅了しています。なかには、自宅の庭木としてこの樹を育てたいと考えている方もいることでしょう。ですが、ミモザには家庭での植栽に不向きだとされるいくつかの理由が存在していることをご存じでしょうか?

ミモザを自宅で植えることを避けるべき理由を5つ列挙しましょう。

  • すす病にかかりやすい性質を持っています
  • 成長すると高さが10メートル近くにもなります
  • 根があまり強くありません
  • 雪の重みに耐えられる構造を持っていないため注意が必要です
  • 剪定作業が複雑で手間がかかります

この記事では、育ててはいけない主な3つの理由とその詳細、それにミモザの花言葉、風水におけるバランスといった観点からの解説、さらに上手な育て方についても紹介していきます。

Sponsored Links

ミモザを植えてはいけない5つの理由について

それぞれの理由について深く掘り下げて説明してまいります。

ミモザのすす病感染の注意点

ミモザはイセリアカイガラムシを引き寄せる傾向があり、結果的にすす病に感染しやすい植物であることが知られています。このすす病は、木の樹液を吸取り、木を枯れさせるだけではなく、スズメバチなどの害虫を誘引する問題も引き起こします。それゆえに、定期的に防除剤を施用するなど、しっかりとした手入れが必要です。

自宅の目印となるミモザの迫力ある成長

自分の家に風格を与えるシンマークとして、ミモザを選ぶ方が少なくありません。実際、ミモザの成長は速く、その高さは約10メートルにまで達することがあります。剪定を怠ってしまうと、家の2階相当の高さにまでなる可能性があるわけです。確かに迫力はありますが、ちょっと大きすぎるかもしれませんね。

根の弱さと対応

ミモザの成長は早いですが、根がしっかりしているとは限りません。そのため、植栽初期には支柱が無ければ、強風によって倒れる可能性があります。剪定のベストな時期は、花期が終了していく7月頃になりますが、9月の台風シーズンに入ると枝が大分伸びてしまっている事が少なくありません。台風によってミモザが倒れるのを防ぐ準備はかなり手間がかかる作業です。

雪に対する警戒も忘れずに

ミモザは風が強い日には弱いとされますが、雪の降り積もりにも注意が必要です。耐寒性はありますが、枝に雪が蓄積すると、その重みで樹木が倒れる可能性があります。鮮やかな黄色い花を咲かせるミモザを我が国で育てる際は、台風であれ雪であれ、通年でさまざまな気象条件に留意することが要求されます。特に、成長して10メートルほどに達したミモザが傾くと、少し恐ろしい光景となるでしょう。

剪定の手間が課題

ミモザは定期的な剪定と慎重な管理を要しますが、これが育てる上での障壁にもなっています。特に、ミモザの枝は壊れやすく、風や雪の重みに弱いため、頻繁に剪定することが求められます。しかし、花が咲いている時に間違って枝を切ってしまうことは珍しくありません。支柱の設置や枝の選定も必要で、手軽に楽しもうとする方にはハードルが高いかもしれません。

ミモザの植栽を考えるべき2つの魅力

手間がかかると思われがちなミモザですが、それを補うだけの魅力があります。見た目の美しさや愛らしさで知られるミモザの長所を、これから紹介しましょう。

ミモザの日とは?

世界のいくつかの地域では、3月8日は特別な日として知られており、「ミモザの日」と言います。この日は、男性が愛情や敬意を込めて女性にミモザの花束を贈る美しい習わしです。この慣習の起源はアメリカの先住民族の間で行われていた祭りとされています。幸運を呼ぶとされるミモザは、今日も変わらずギフトとして非常に人気があります。そんなミモザをご自宅で手軽に育てることができるのは、まさに魅力的ですね。

アレンジがしやすい

フラワーアレンジメントやドライフラワーの世界で、ミモザはその扱いやすさから愛されています。枝が柔軟で折れにくく、自然な曲がりを見せるため、アレンジを行う際に非常に便利です。加えて、その繊細で心地よい香りが空間を柔らかく演出し、アレンジメントに最適な花材とされています。ご自宅の庭でミモザを育て、その花を活用してアレンジメントを楽しむのも素敵な趣味ですね。

ミモザの花言葉と風水の効果

煌びやかな黄色をまとったミモザの花言葉は、「秘密の恋」「思いやり」「感謝」という愛らしい意味を含んでいます。これらは恋愛や友情にまつわるものであるため、プレゼントにする際にぴったりの花と言えるでしょう。

一方で、白いミモザは少し異なったイメージで、「死に勝る愛」という強烈な花言葉を持っています。これは、ミモザの強靭な生命力や白い種類特有の毒性を反映している言葉かもしれません。

風水では、黄色いミモザは幸運の象徴です。特に家庭運や金運を向上させる力があるとされており、ポジティブなエネルギーを家庭に取り入れたい人には最適です。南西の方角にミモザを植えると、さらなる家庭運の向上が期待できますので、その場所に設置することをオススメします。

ミモザを上手に育てるポイント

ミモザは、素晴らしい植物ですが、その美しさを最大限に引き出すためには適切な場所を選び、適切な手入れが必要です。育てるスペースやお手入れの方法など肝要なポイントを抑えて、ミモザの育成に挑みましょう。

ミモザを植えるためのスペースを確保しよう

ミモザは成木になると約10メートル程度の高さまで成長します。したがって、植える場所は広めに設定することが重要です。強風で木が倒れることを避けるためにも、ミモザのためのスペースを十分に取るようにしましょう。

狭い庭でもミモザを楽しむ方法

スペースが限られている場合でも、鉢植えにすることでミモザを育てることができます。鉢植えの場合、根の伸びをコントロールし、木の大きさを調整することが可能ですが、根詰まりを起こさないように注意が必要です。一度根がいっぱいになったら、より大きな鉢への植え替えを考えましょう。特に、花が終わった後の植え替えは次のシーズンに向けて有効です。

お手入れが大変なミモザの管理について

ミモザは手入れが大変な植物です。苗の段階では水やりが頻繁に必要ですが、成長が進むと手入れの量も増えます。放置してしまうと、風や雪で倒れる危険性があるため、剪定を含めた管理が不可欠です。

日当たりが良い場所を選ぼう

ミモザには日当たりが必要です。ただし、風通しの良すぎる場所だと枝が折れやすくなるため、その点に配慮が必要です。

湿気を避けて育てよう

ミモザはやや乾燥した環境を好むため、湿気の多い場所は避けるようにしましょう。

地植えの際の水やりについて

地面に植えたミモザは基本的に水やりを必要としませんが、乾燥が続く場合には適宜水を与えることで健康を保つことが出来ます。余裕のあるスペースで植えることが望ましいです。

剪定は花が終わったら行なう

地植えでも鉢植えでも、花が終わった直後に剪定を行うことが大切です。花がフルブルームの間に剪定を行うことでフラワーアレンジメントやリース作りに活用することができます。

まとめ

ガーデニングのアイコンとして愛されるミモザは、迅速に成長する一方で、風倒に弱い点が欠点とされます。それでも、鮮やかな黄色い花々をつけるミモザは、眺めているだけで心を晴れやかにしてくれますし、お花のアレンジメントを楽しむ方には特に魅力的な植物だと思います。成長して大きくなることが気がかりであれば、プランターや鉢植えでの栽培にチャレンジするのも良いでしょう。この記事が、あなたのミモザ育成の手助けになれば幸いです。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です