オリーブオイルの代用品8選!代わりになるおすすめの油を紹介!

オリーブオイルは、料理やサラダのドレッシングに使ったり、パンにつけて食べたりと、その汎用性の高さから、料理用の油として圧倒的に優れています。

しかし、オリーブオイルが手に入らない場合の代用品として、最適なものをご紹介します。

Sponsored Links

オリーブオイルの代用品トップ8

1. サラダ油
2. ひまわり油
3. ピーナッツオイル
4. キャノーラ油
5. クルミ油
6. ココナッツオイル
7. ギー
8. バター

1. サラダ油

これは、どこのスーパーでも手に入る、ありふれた食用油です。野菜から作られているので無害に思われるかもしれませんが、そうではありません。サラダ油のほとんどは大豆から作られていますが、キャノーラやヒマワリも混ざっています。サラダ油について知っておくべきことは、腐敗を防ぐために多くの厳しい化学処理を経ていることです。

最適なのは 唯一の選択肢でない限り、エキストラ・バージン・オリーブオイルやその他のオリーブオイルをサラダ油で代用品としないほうがよいでしょう。

2. ひまわり油

ヒマワリの種子を圧搾して作られるこのオイルは、特に70%以上のものを選べば、オレイン酸が豊富に含まれています。オリーブオイルと同様、値段相応のものを選びましょう。安いスーパーの品種は、収穫され、元の種の良さの多くを削除するような方法で処理されます。

軽い風味のひまわり油は、高級ブランドを選べば、オリーブオイルの代替品として最適です。

最適な用途:一般的な調理に。

3. ピーナッツオイル

ピーナッツオイルは、風味がほとんどなく、高温での調理に適しています。ピーナッツオイルはコレステロールを含まない数少ない油ですが、サラダ油と同様に加工度が高く、ピーナッツのアレルゲンが含まれている可能性があります。オリーブオイルの代用品として、お菓子作りやフライパンで炒めるときに最適です。

最適な用途:炒め物、カレー、アジアンドレッシング、マリネなど。

4. キャノーラ油

キャノーラ(菜種油)は、キャノーラの種を圧搾して作られます。菜種油は栽培コストが安いため、簡単に手に入りますが、ディーゼル燃料の原料として使用されることもあります。

オリーブオイルが好きで、それに代わるヘルシーなオイルを探している人には、キャノーラは向かないかもしれません。このタイプのオイルは、揚げ物だけに使うのがベストです。

最適な用途:揚げ物

5. クルミ油

オリーブオイル同様、クルミ油も多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸の優れた供給源です。

砕いたクルミから作られたこのオイルは、かなり濃厚で、軽いナッツのような風味があります。加熱すると苦味が増すので、サラダ用としてお使いください。

最適な用途:サラダドレッシング

6. ココナッツオイル

現在、(特にヴィーガンのシェフの間で)調理油部門のトップに君臨しているココナッツオイルは、新しいキッチンの定番となりました。

ローストから揚げ物まで何にでも使え、ローケーキやデザートの重要な材料にもなります(オリーブオイルではできないことです!)しかし、飽和脂肪酸が多く含まれています。

ココナッツオイルはカレーによく合いますが、シェパーズパイのような伝統的な料理には、バターを使った方が良いでしょう。

最適な調理法:高温の揚げ物、クッキー、ケーキ、ビスケットなど。

7. ギー

バターよりも煙点が高いギー(澄ましバター)は、バターよりも優れた調理油とされ、インドのレシピによく使われます。

バターと同じようにすぐに溶け、料理にクリーミーなバター風味を加えます。

アーユルヴェーダでは、ギーは強壮剤と考えられており、ヴァータ・ドーシャのバランスが崩れている人によく勧められます。

ギーはオリーブオイルに代わる代用品としてもう一つの優れた調理法なのです。

最適な調理法:フライパンでの調理、インド料理。

8. バター

バターはオリーブオイルに比べ調理点がやや低く、焦げやすいので、食用油ほど汎用性は高くありません。

しかし、バターは料理にコクを与え、パスタソースやローストにもよく合います。

ニンニクやトマトをバターで調理すると、ソースにコクが出ます。

脂溶性のビタミンA、E、K2も多く含まれているので、オリーブオイルの代用品に使うのもおすすめです。

用途:パン作り、ロースト、クッキー、ケーキ、フライパンに。

オリーブオイルの代用品8選!代わりになるおすすめの油を紹介!まとめ

エクストラバージンオリーブオイルだけが食用油ではありません。

中にはより健康的なものもあります。

最も人気のあるオリーブオイルは、オリーブを搾って作られたエクストラバージンです。

オリーブの実を搾ることで、オリーブの実の良さを最大限に引き出すことができます。風味がより強いだけでなく、抗酸化物質も最も多く含まれています。

軽い風味がお好みなら、ヴァージン・オリーブオイルが最適です。オリーブの二番搾りで、通常、色も風味も淡いです。

オリーブオイルは油の女王ですが、もし使い切ったり、単に代替品を探しているのであれば、たくさんの選択肢の中から選ぶことができます。

オリーブオイルを切らした場合は代わりに今まで紹介した油を代用品として使ってみてください!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。