りんごの賞味期限はどのくらい?常温や冷蔵庫で日持ちする保存方法も紹介!

りんごは世界中で最も人気のある果物です。

りんごは、生で食べられる栄養価の高い食品であるだけでなく、あらゆる種類のおいしい前菜や料理を作るのにも使われます。

そのため、一度に大量のりんごを購入することが多いと思います。たくさんのりんごがストックされていると、多くの人は、りんごがどれくらいで腐るのか気になります。

では、りんごはどのくらい持つのでしょうか?

それは、収穫された時期や保存方法によって異なります。

一般的には、常温では2週間、冷蔵庫では4週間ほど持ちます。冷蔵庫のような涼しい場所であれば、リンゴは8週間、冷凍庫であれば1年ほど持ちます。

りんごには、ふじりんご、レッド・デリシャス・アップル、ゴールデン・デリシャス・アップル、ガラ・アップルなど、たくさんの品種があります。

りんごの種類によって味や色が異なりますが、同じことが言えるのは賞味期限です。 どの品種のりんごも、適切に保存しないとほぼ同じ時期に腐ってしまいます。

この記事では、リンゴの購入方法、保存方法、長持ちさせるための方法などを紹介します。

Sponsored Links

りんごの賞味期限はどのくらい?

りんごがどのくらい長持ちするかは、りんごの保存方法によって異なります。パントリーやカウンターの上、冷蔵庫、冷凍庫で保存することができます。

リンゴをカゴに入れてカウンターに置いておくのが好きな人もいます。その場合は、リンゴに直射日光が当たらないようにしてください。

日光に当ててしまうと、りんごに傷がついたり、すぐに柔らかくなったりしてしまいます。

常温で保存する場合は、10日以内に使い切るようにしましょう。

温度が低くて暗い食料庫で保存した場合は、約3~4週間持ちます。

手摘みしたりんごの場合は、必ず元のパッケージに入れておくか、ビニール袋に入れておきましょう。

冷蔵庫で保存する場合は、5~8週間ほど持ちます。

この場合も、元のパッケージに入れておくか、再封可能なビニール袋に入れておきましょう。そうすることで、りんごに水分が付着するのを防ぐことができます。

数ヶ月以上の長期保存を希望する場合は、冷凍庫に入れてください。ただし、他の場所での保存とは異なり、冷凍庫で保存するためには、まず準備が必要になります。

上記は、あくまでも日持ちの目安です。りんごがいつ収穫され、どのくらいの期間スーパーの棚に置かれていたのかわからないので、一概には言えません。

買ってから、2〜3日で食べられるものもあれば、数週間もつものもあります。

 

りんごの品種

保存に適したりんごは、丈夫な品種です。フジ、ガラ、グラニースミス、レッドデリシャスなどです。

これらの品種は、通常、晩秋から冬にかけて収穫されます。また、他の品種のりんごよりも硬くて太いのが特徴です。

これらの品種のほとんどは、スーパーでもよく見かけます。これらの品種は、硬くて保存期間が長いことから、スーパーでよく見かけることができます。

常温でのリンゴの保存方法

りんごをかごに入れて、カウンターの上に置いておくと飾りになります。室温での保存は、気温の高さによります。温度が高ければ高いほど、リンゴは早く腐ってしまいます。室温で保存した場合、平均して約1週間は持ちます。この方法で保存する場合は、必ず1週間以内に食べるか、使用するようにしてください。

また、リンゴの保存に適した場所として、パントリーがあります。パントリーはたいてい暗くて涼しいので、リンゴの保存には最適です。

リンゴの保存期間を延ばすためには、湿度が高い方がより新鮮に保つことができます。ただし、果実が濡れてしまうと腐ってしまうので、注意が必要です。

りんごをビニール袋に入れるか、茶色い紙袋に入れてください。これらは、りんごを冷やすのに役立ち、光がりんごに届くのを防ぎます。

パントリーに保管する前に、悪いりんごと良いりんごを選別するようにしてください。腐ったリンゴはすぐに他のリンゴに広がってしまいます。

1つの悪いリンゴが、せっかくの良いリンゴを台無しにしてしまいます。

冷蔵庫でのリンゴの保存方法

リンゴを1ヶ月以上保存する場合は、冷蔵庫が最適な場所です。冷蔵庫の中で最も適した場所は、クリスターの引き出しの中です。

これにより、2〜3ヶ月間、リンゴの鮮度を保つことができます。りんごを保存する際には、他の製品を一緒に入れないように留意してください。

りんごはエチレンを放出するので、他の果物や野菜を腐らせる原因になります。

1ヶ月以内にリンゴを食べる予定なら、再封可能な袋や密閉容器に入れて、冷蔵庫で保存すればいいでしょう。

冷蔵庫の温度は、32~34度くらいがいいでしょう。また、保存する場所はできるだけ暗くしてください。

それができない場合は、紙製の茶色い袋に入れておくと、暗所での保存に役立ちます。

さらに、冷蔵庫で保管する前に、まずリンゴを選別するようにしましょう。

傷がついていたり、皮が破れていたり、熟してしまったりんごは取り除きます。これらのリンゴは、保管中の他のリンゴを封じ込めてしまい、賞味期限を短くしてしまいます。

冷凍庫でのリンゴの保存方法

すべての品種のりんごは、冷凍庫に入れて凍らせることができます。

2、3ヶ月以上長持ちさせるには、まず下ごしらえをしてから冷凍する必要があります。

以下では、冷凍庫に保存するためのリンゴの準備方法をご紹介します。

りんごの冷凍庫での保存方法

・りんごを洗って皮をむく
・芯を取り除き、りんごをスライスする
・大さじ6杯の水に小さじ1杯のアスコルビン酸を入れた溶液を作る(これでリンゴの黒ずみを防ぐことができる)
・台所用ブラシでリンゴに溶液を塗ります。
・リンゴの表面に溶液が乾いたら、密閉容器かフリーザーバッグに入れる。
・容器や袋にラベルと日付を貼り、冷凍庫に入れます。
・りんごを解凍するには、容器や袋から取り出して、室温に置いておくだけです。室温の高さにもよりますが、約1時間以内に解凍できます。

りんごの鮮度を長持ちさせる方法

りんごの鮮度がどのくらい保たれるかは、りんごがいつ収穫されたかによって異なります。そのため、収穫された日にちに近いリンゴを買うようにしましょう。また、適切な場所で保存することで、鮮度を長持ちさせることができます。

一般のスーパーで売られているりんごは、収穫時期がわかりにくい。大企業が大量に収穫して加工しているため、収穫してから店頭に並ぶまでに大きな開きがあるのです。収穫されたりんごが2〜3日で店頭に並ぶこともあれば、1週間以上かかることもあります。収穫されてからお店の棚に並ぶまでの時間が長ければ長いほど、鮮度を保つことができる時間は短くなります。

そのため、お店でリンゴを買うときには、品質の良いリンゴだけを買うようにして、よく検品しましょう。りんごに傷がないかどうか、また、りんごを軽く絞ってみて、硬さを確認します。もし、固くなくて柔らかいと感じたら、そのリンゴはすでに腐り始めています。

お店以外にも、ファーマーズ・マーケットでもリンゴを買うことができます。秋はリンゴが収穫される時期で、この時期になるとファーマーズ・マーケットにはリンゴがたくさん並びます。

ここで売られているりんごは、個人や小さな会社が販売しているので、通常は販売する前日に収穫されます。

ですから、あなたが手にするリンゴの品質は高いのです。ファーマーズマーケットで購入すると、りんごの鮮度が長持ちします。

お店やファーマーズマーケット以外にも、最高品質のリンゴを手に入れるには、リンゴ園に行って、自分で木からリンゴを摘むのもいいでしょう。

自分でリンゴを収穫すると、最高の品質のリンゴを手に入れることができ、新鮮さが長持ちします。

買ったりんごも、自分で収穫したりんごも、家に帰ったらきちんと保存することが大切です。

熱や日光はリンゴの保存期間を短くするので、涼しくて乾燥した場所に保管するとよいでしょう。パントリーに保管する場合は、ビニール袋に入れて日光を避けてください。

カゴに入れたリンゴをカウンターに置いておくのが好きな人もいるでしょう。その場合は、直射日光を避けて保存すると長持ちします。

腐ったリンゴの見分け方

腐ったりんごは、見た目で判断できます。腐ったりんごは、傷がついて色が茶色くなっています。

腐っている度合いによって、数カ所に傷がある場合と、リンゴ全体に傷がある場合があります。

いくつかの箇所に傷があっても、まだダメになっているわけではありません。

逆に、リンゴ全体が痛んで、柔らかい箇所がある場合は、捨てた方がいいでしょう。

外観に問題がないようであれば、りんごを半分に切って中を見てみましょう。

腐ったりんごは、果肉が柔らかく、ムッチリしています。一部分だけがやわらかく、他の部分がしっかりしているようであれば、まだ大丈夫です。

柔らかい部分を切り取って、残りの部分を食べましょう。

りんごの賞味期限についての関連質問

腐ったりんごを食べるとどうなりますか?

一般的には、腐ったリンゴを食べると、お腹の調子が悪くなったり、下痢をしたり、全体的に不安になったりします。

カビの生えたリンゴを食べると、病気になりますか?

カビが生えていると、非常に有毒で発がん性のあるマイコトキシンが発生します。

病気になるだけでなく、肝臓にもダメージを与えてしまいます。

なのでカビが生えたリンゴは、たとえカビが生えていない部分があっても、丸ごと捨てるのが一番です。

りんごの賞味期限はどのくらい?常温や冷蔵庫で長持ちする保存方法も紹介!まとめ

りんごの賞味期限 パントリー 冷蔵庫 冷凍庫
りんご(生・生鮮・ホール) 5~7日 1~2ヶ月 10~12ヶ月
パックされたカット済みの新鮮なりんご n/a 3~5日 n/a
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。