ブラウニーとガトーショコラの違いは?材料や見た目などを徹底比較!

ブラウニーとガトーショコラは基本的に同じ材料でできていますが割合に違いがあります。

食感や見た目もブラウニーはモチモチしていて表面が割れているのに対し、ガトーショコラは軽くてふわふわしていて、表面が滑らかです。

この記事では、ブラウニーとガトーショコラの違いについて解説していきます。

Sponsored Links

ブラウニーとガトーショコラの違い

見た目の違い

ブラウニーは表面がひび割れています。

ガトーショコラは表面が滑らかです。

材料の割合の違い

卵はブラウニーが全卵を使用してフワッとした食感にするのに対しガトーショコラは卵黄のみ使用することが多いので少し固めの食感になります。

ガトーショコラのレシピでは、ブラウニーに比べて薄力粉の量が約2倍になります。

ブラウニーのレシピでは、ココアパウダーやチョコレートの量が多くなります。

食感と味の違い

ブラウニーは、歯ごたえがあります。

ガトーショコラはより軽くてふわふわしています。

 

基本的な材料

ブラウニーの基本的な材料は、薄力粉、砂糖、卵(全卵)、ココアパウダー/チョコレート、バターです。

ガトーショコラの基本的な材料は、薄力粉、砂糖、卵(卵黄)、ココアパウダー/チョコレートバター/オイル、重曹やベーキングパウダーなどの膨張剤です。

 

お菓子作りには膨張剤が欠かせません。

ブラウニーでは、膨張剤はほとんど使用しません。

ブラウニーとは?

ブラウニーは、ケーキとソフトクッキーの中間のような食感の焼き菓子です。

平たくて密度が高く、通常は四角い棒状にカットされています。

ブラウニーは、19世紀末にアメリカで誕生したと言われています。

名前の由来は茶色の「ブラウン」からきています。

ブラウニーの主な材料は、薄力粉、バター、卵、ココアパウダーまたはチョコレート、砂糖。

このレシピでは、チョコレートまたはココアパウダーが主な材料として挙げられています。

ブラウニーは、その密度によって、ファジーにもケーキにもなる。

卵は全卵を使うためフワッとした食感です。

また、チョコチップやナッツ、アイシングなどの材料を加えることもできる。

また、牛乳やコーヒー、アイスクリームなどの飲み物と一緒に食べることもできる。

ブラウニーとガトーショコラは、基本的に同じ材料を使用しているため、慣れていない人にとっては混同しやすいかもしれません。

 

ガトーショコラとは

ガトーショコラとは、フランス語が語源の甘いチョコレートケーキのことです。

パンを改良したものとして登場しましたが、現在ではケーキというとデザート全般を指すようになっています。

ガトーショコラの基本的な材料は、薄力粉、砂糖、卵、バターや油、重曹やベーキングパウダーなどの膨張剤。

また、フルーツやナッツ、チョコレート、フレーバーなどを加えることもあります。

卵は卵黄のみ使うことが多いので食感は固めです。

フロスティングやアイシングはケーキの外側を飾るために使用。

ケーキは特にお祝いのデザートと考えられています。誕生日、結婚式、記念日など、さまざまな幸せな機会にケーキを食べることが多いです。

昔はケーキ作りは複雑な作業でしたが、今では最新の機器やレシピを使って、素人でも簡単なケーキを作ることができます。

ケーキのレシピ、ケーキの種類は数多くあり、シンプルなケーキもあれば、手の込んだ複雑なケーキもあります。

ケーキの種類には、バターケーキ、スポンジケーキ、チョコレートケーキ、コーヒーケーキ、フルーツケーキなどがありますが、主な違いは、ケーキとブラウニーの違いです。

ブラウニーとガトーショコラの違いのまとめ

ブラウニーとガトーショコラの違いをまとめると、以下のようになります。

ブラウニーとガトーショコラの主な違いは、砂糖、小麦粉、バターの割合です。

ブラウニーにはベーキングパウダーや重曹などの膨張剤がほとんど使われていません。

ブラウニーに含まれるチョコレートは、チョコレートケーキよりもチョコレート色が強い。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。