ブレグジット/日本への影響は?為替相場&株価は今後どうなる?

 イギリスのEU離脱(ブレグジット)による今後の日本への影響は、まずイギリスがEUから離脱して関税がかかることにより貿易に影響がでます。

関税の影響から免れるためにイギリスを拠点にしている日本企業が今後撤退していくとポンドの価値が下がり日本円は円高へ。

 

為替相場が円高になると日本の自動車メーカーなど輸出企業の株価が下がり日経平均株価を押し下げ株安に。

その点をふまえて結論を言うとブレグジットによる日本への影響はデメリットが多いです。

 

今回ブレグジットによる日本への影響について今後どうなるかをまとめたので詳細をみていきましょう。

Sponsored Links

ブレグジット/日本への影響は今後どうなる?

イギリスにはホンダ・TOYOTA・日産といった大手自動車メーカーをはじめ数多くの日本企業が工場を持っています。

そういった企業がイギリス周辺の国から部品となる材料を集め製造をしてヨーロッパ各地に輸出する際、EUに加入している状態であれば関税がかからず利益を上げやすいです。

 

しかしイギリスがEUから離脱(ブレグジット)すると部品を仕入れて輸入する時と製品を輸出する時のWで関税がかかることになります。

お金がかかる分製品を高く売らなければならず、製品が売りずらい状況に。

そうなると今後はイギリスを拠点にしている企業の業績が下がり、部品を多く取り扱う自動車産業は大打撃を受けます。

 

そんな中、自動車大手メーカーのホンダはイギリスから撤退を決めました。

次いで日産もTOYOTAも撤退を決めています。

 

イギリスに残った日本企業がブレグジットのゴタゴタに巻き込まれることがあれば株価が下がる可能性も。

 

ホンダのイギリス撤退の理由はブレグジットとは直接的には関係ないとのことですが、先行きが不安なイギリスからいち早く脱出したかったことは間違いないです。

 

2020年1月31日にブレグジットされますが、ただ離脱というわけにはいかず、むしろ今後はここからがイギリスにとっても大変な時期。

ブレグジット後、移行期間が2020年12月31日まで設けてありますが、その1年弱という短い時間の中でイギリスは各国と自由貿易協定を結ぶため交渉に入ります

 

もちろん、日本も例外ではないので協定を結ばなければなりません。

しかも日本の場合は2020年秋の臨時国会を通さなければならず急を要します。

 

ただ交渉は各国とも難航するとの見通しで、それにより物流が滞ると日本企業にも大きな影響がでることが懸念されます。

 

ブレグジット/日本の為替相場&株価は今後どうなる?

ブレグジット後の日本の為替相場への影響は、上記で説明した関税の影響のため日本企業が相次いで撤退をしていくと予想されます。

そうなると今後イギリス経済が混迷しポンドの価値が下がり、それに巻き込まれる形でユーロも売りに出され相対的に円高に

 

円高になると輸出の盛んな日本は、海外でモノが売れなくなり自動車メーカーなどの株価が下がり、その影響で日経平均株価が大きく値を下げます

 

イギリスが2016年6月23日の国民投票で、EU離脱が決まった時、大幅な円高と株安が同時に起こりました。

翌日6月24日の日経平均株価は前日と比べると1286円も急激に下がり暴落。

この時は日経平均株価だけではなく、世界の株式市場にも影響があり世界的に株価が下がっています。

 

さらに世界的に株安となったことで、安全資産と位置づけられている、円が大量に買われる事態に。

 

その日は1ドル105円だったのが1日のうちに99円まで値を上げました。

日経平均株価は円高だと下がる傾向があるので、ブレグジットの後は株価が暴落するといわれています。

 

金融機関においてもブレグジット後はイギリスで金融業として認可された三井住友フィナンシャルグループはヨーロッパ大陸にサービスができなくなります。

イギリスの離脱後は他のEUの加盟国との間で金融業の免許を取得せねばならず、そういった手続きに遅れが出ると株価が下がると予想。

 

しかしイギリスを拠点に工場を持ってヨーロッパ大陸に製品を輸出している日本企業の子会社がブレグジットの影響を受けても日本に本社がある親会社は実際はあまり関係ないとの見方もあります。

 

イギリスのブレグジットのあと日本企業の子会社で失業してしまうのは多くのイギリス人労働者。

イギリスにある日本企業の子会社が赤字になると日本の親会社の利益も当然減りますが、日本経済全体への影響はないと言えます。

もともとイギリスにある日本企業の子会社が利益を得ても親会社の資金や借金返済に充てられるだけなので日本全体の景気には直接的には影響はしません。

 

親会社の株価が下がり株主は大変な思いをしますが、日本は個人投資家が少ないので、株価の影響で消費が冷え込むといった事には繋がらないようです。

 

まとめ

イギリスのEU離脱(ブレグジット)により混乱が続くと日本への影響は今後どうなるか。

・日本への影響:関税がかかることにより貿易に影響

・為替相場:イギリスにある日本企業の相次ぐ撤退によりポンドが下がり円高へ

・株価:円高になることにより輸出企業の株価が下がると日経平均は全体的に株安となる。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です