野田クリスタルの経歴や出身高校&大学は?芸名の由来や本名は?

野田クリスタルさんは2020年のR-1グランプリで見事優勝!

現在「マヂカルラブリー」というコンビで活動していますが、以前は「セールスコント」「役満」「アンビシャス」といったコンビでも活動していました。

 

コンビでの活動が中心の野田クリスタルですがR-1で優勝できたのはピン芸人時代に培われた力も大きいと思います。

 

今回は野田クリスタルのピン芸人としての強さの理由、出身高校や大学、本名と芸名の由来などの情報を中心にまとめました。

Sponsored Links

野田クリスタルの経歴は?

野田クリスタルさんは、ピン芸、コント、漫才といった色々な芸種に対応できる多才な芸人。

なぜ色んな芸種を持っているのかというとコンビを組むごとに違うお笑いに挑戦してきたという経緯にあります。

 

主な芸歴
「セールスコント」はショートコント。

「役満」は漫才。

「アンビシャス」はコント。

そしてピン芸。

 

セールスコント

野田クリスタルさんは15歳の時に友人とお笑いコンビ「セールスコント」を結成し、V6の「学校へ行こう!」の企画「お笑いインターハイ」で優勝。

 

しかしセールスコントとしての活動はその後ありませんでした。

 

役満

19歳の時に新しい相方とインターネットで知り合い「役満」を結成して2004年のM-1で3回戦まで進出。

 

その後は東京吉本の所属となって活動していましたが、2005年9月に相方が「先生になりたい」という理由から「役満」を解散。

 

アンビシャス

「役満」を解散した後は「アンビシャス」というコンビを結成しましたが、初舞台となる2ヶ月後に相方が音信不通となり解散。

 

ピンで活動

「アンビシャス」解散後は野田クリスタルさんはピン芸人として活動していました。

 

このときの見た目はランニングシャツでブリーフ姿という奇抜な姿。

 

ピン芸人時代もR-1グランプリに出場した経験があります。

R-1ぐらんぷり2010では、日本昔話の主題歌「にんげんっていいな」を飛びまわって歌い、ブリッジするといったネタを披露していました。

 

ピン時代の動画

 

マヂカルラブリー

そして2007年2月に村上とマヂカルラブリーを結成し現在に至ります。

マヂカルラブリーの結成は野田クリスタルのライブを客として見に来ていた村上が「おもしろすぎる」と気に入り野田クリスタルに声をかけて意気投合し結成。

 

マヂカルラブリーの主な戦績

2007年

M-1グランプリ2007:3回戦敗退

 

2008年

キングオブコント2008:2回戦敗退

M-1グランプリ2008:準決勝進出

 

2009年

キングオブコント2009:1回戦敗退

M-1グランプリ2009:3回戦敗退

 

2010年

M-1グランプリ2010:準決勝進出

 

2011年

THE MANZAI 2011:ワイルドカード決定戦進出

 

2012年

THE MANZAI 2012:認定漫才師

 

2013年

キングオブコント2013:準決勝進出

THE MANZAI 2013:2回戦敗退

 

2014年

キングオブコント2014:2回戦敗退

THE MANZAI 2014:2回戦敗退

 

2015年

M-1グランプリ2015:準々決勝敗退

 

2016年

M-1グランプリ2016:準決勝敗退

 

2017年

M-1グランプリ2017:決勝進出

 

2018年

キングオブコント2018:決勝進出(7位)

M-1グランプリ2018:準決勝敗退

 

2019年

キングオブコント2019:準決勝敗退

M-1グランプリ2019:準決勝敗退

 

2020年

R-1ぐらんぷり2020:優勝 (野田クリスタル) 動画あり

 

野田クリスタルの出身高校や大学は?

神奈川県にある横浜商工高等学校(現・横浜創学館高等学校)が出身高校です。

 

選んだ理由は野田クリスタルさんの地元が横浜なので実家から近い高校を選んだというのが理由。

高校時代はゲーム好きのオタクでしたが、お笑いのセンスもあった事からただのオタクではなくクラスで目立つ人気者だったようです。

 

大学には進学していません。

すでにお笑いの道に進む事を決めていたからです。

 

ちなみに小、中学校とも地元横浜の六ツ川小学校、六ツ川中学に通っていました。

 

・横浜商工高等学校(現・横浜創学館高等学校)

〒236-0037 神奈川県横浜市金沢区六浦東1丁目43−1

 

野田クリスタルの芸名の由来や本名は?

野田クリスタルの本名は野田 光(のだ ひかる)

芸名の由来は本名の「光」から「クリスタル」を連想し命名。たいした意味は無いそうです。

 

ちなみに相方の村上も芸名ですが、本名の鈴木崇大がタカ&トシのタカと似ているので間違われないよう芸名にしました。

なぜ「村上」かというと事務所の先輩、「しずる」の村上純や「フルーツポンチ」の村上健志にあやかって付けたのですが、野田クリスタルからは「あやかるならタカ&トシのタカさんにあやかった方がいいのでは?」とつっこまれたようです。

 

「マヂカルラブリー」のコンビ名についても意味はありません。

すぐに解散するつもりで、お互いに思った言葉をつなげただけの即興のコンビ名だったのが10年以上続いています。

コンビ名の「マジカル」が「マヂカル」なのはネットで検索した時に上位に来そうだという理由から。

 

野田クリスタルのプロフィール

本名:野田 光(のだ ひかる)

生年月日:1986年11月28日(33歳)

身長:179.7cm

血液型:A型

出身地:神奈川県横浜市南区出身

 

マヂカルラブリーのボケ・ネタ作りを担当。立ち位置は左側。

ゲームプログラミングが得意で自信のゲーム「野田ゲー」を配信していて定評があります。

まとめ

・野田クリスタルの経歴はセールスコント→役満→アンビシャス→ピン芸人→マヂカルラブリーの順

・出身高校は横浜商工高等学校(現・横浜創学館高等学校)

・大学は進学していない。

・本名は野田光(のだひかる)

・芸名の由来は本名の光からクリスタルを連想し命名。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です