高橋令和の名前の由来は?妻・子供は?出身高校・大学・経歴も調査!

新元号が「令和」に決まって、同じ名前ということで、鎌倉の高橋令和さんが一躍話題の人となり本人はもちろん、ご家族も相当ビックリしたようです笑

鎌倉の商店街の会長もやっていて会員のみなさんから「おめでとう!」という言葉をいただいたようで、

本人もよく分からないけど嬉しかったようですね笑

高橋令和さんは喜寿で来年は金婚式とおめでたいこと続きで非常に喜ばしいけど

何だかめでたいことが続くと逆に先が怖いともおっしゃっていましたがm鎌倉の町は高橋令和さんの効果でさらに盛り上がっていくでしょうね!

「高橋令和の名前の由来は?妻・子供は?出身高校・大学・経歴も調査!」

さっそく内容に入って行きましょう!!

Sponsored Links

高橋令和の名前の由来は?

高橋令和さんの名前の読み方は令和と書いて「のりかず」と読むみたいです!

なかなか「のりかず」とは読めないですね。。笑

由来は鶴岡八幡宮宮司につけてもらったと母親には聞かされていたようです!

高橋令和の妻や子供は?

高橋令和のご家族はいるようですが、妻の方や子供についての情報は素人で個人情報なので、

詳しく出ていなかったので、分かり次第お伝えしていきます!

高橋令和の出身高校・大学を調査!

出身小・中学校:鎌倉市立御成小・中学校

出身高校:鎌倉学園高校

出身大学:明治大学

高橋令和は地元の鎌倉市立御成小・中学校から鎌倉学園高校へ進学して、明治大学を卒業

高橋令和の経歴も調査!

高橋令和さんは明治大学を卒業後、姉がサントリーの横浜営業所に勤めていた影響でサントリーの子会社に入社しビールの販売の営業をしていたが、

兄が東京で営んでいた銘木屋さんが鎌倉に移転してきたので兄とともに共同事業をするために1年半で退社して、

高級木材を扱っていたが当時は鎌倉での需要が多く軌道に乗って17年営んできましたが、兄が他界したことにより銘木屋は閉店したようです。

その後は鎌倉の街を盛り上げるために尽力をそそぎ、鎌倉市商店街連合会会長に就任しました。

現在は小町通りの自宅兼店舗の工芸店「たかはし」を営んでいます。

また小町の鎮守・蛭子(ひるこ)神社の氏子総代を務めているようで異色の経歴ですね!

まとめ

今回は新元号の「令和」と同じ文字が使われている名前の人ということで一躍有名?になった高橋令和さんについて

「高橋令和の名前の由来は?妻・子供は?出身高校・大学・経歴も調査!」と題してまとめていきましたがいかがだったでしょうか?

自分の名前が元号に使われたなんて自分だったら、めちゃくちゃ嬉しいですよね!

今後の鎌倉の商店街のさらなる盛り上がりを期待しています!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です