新1万円札のデザインや画像は?発行いつからどこで?手に入れる方法も

本日2019年4月9日に麻生太郎財務相から紙幣を流通させるとして新しい1万円札、5千円札、千円札を2004年以降20年ぶりに変更して流通させると発表しましたね!

新1万円札の肖像画は福沢諭吉から渋沢栄一。

新5千円札の肖像画は樋口一葉から津田梅子。

新千円札の肖像画は野口英世から北里柴三郎。

に変更が決定したみたいです!

新紙幣の変更に伴い500円玉も2色構造の偽造防止効果のある新500円硬貨に変更するみたいで、新時代の令和になってからどんどん色々な事が新しくなって、なんだかわくわくしますね笑

新紙幣の発表で特に気になったのは新一万円札のデザインや画像、いつから発行するのかなどが特に気になったので、今回

「新1万円札のデザインや画像は?発行いつからどこで?手に入れる方法も」

と題して情報をまとめてみました!

Sponsored Links

新1万円札に渋沢栄一!裏の建物やホログラムのデザインや画像は?

新一万円札の表面の肖像画に起用される渋沢栄一は第一国立銀行や東京証券取引所、帝国ホテルなどなど数多くの多くの大企業を設立させた実業家で

「日本の資本主義の父」ともよばれていたみたいです!

数々のすばらしい実績から新一万円札の顔として当然ですね!

ちなみに裏面の絵は東京駅丸の内駅舎がデザインされています!

僕的にはいいと思うのですが、ネットの口コミでは「フォントがダサい」「外国のお金みたい」など否定的な評価も多くみられました。。

賛否両論あるのは仕方ないですが、新元号の令和と同様に、だんだん違和感なくなってくるのでは、ないでしょうか笑

ホログラムに関してはまだ詳細がわからないので、分かりしだいお伝えしていきます!

 

あと一時期話題となった2千円札の刷新は今回ないみたいです笑

新1万円札の発行いつからどこで?手に入れる方法も

新しく刷新された新1万円札、新5千円札、新千円札がいつから発行されるかというと5年後の2024年をから流通させると政府は発表しましたが、詳しい発行日時まではまだ決定されていないようです。

ただ前回新しいお札に刷新した2004年に発行だれた流れから推測すると11月1日に発行され流通が始まったので

今回の新1万円札が手に入るのは令和6年の2024年11月1日からと予想できますね。あくまで予想ですが、

さらに前の1984年も発行され流通開始された日が11月1日だったので可能性は高いと思います!

新1万円札がどこで手に入るのか手に入れる方法を知る前に紙幣の流通の流れを知っておいた方がいいと思うので簡単にまとめておきます。

 

①印刷された新しいお札を日銀が預かる。

②日銀が普通の銀行(三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など)に流す。

③普通の銀行から一般社会に流れる。

④一般社会で使われたお金が普通の銀行を経て日銀に戻ってくる。

⑤日銀で使われたお金を調べた後、使えるお金は普通の銀行へ渡して、使えなさそうなお金は廃棄という流れです。

 

ということは新1万円札をピン札でいち早く手に入れる方法としては2024年の11月1日(仮)に銀行で手に入れるのが自然ですね!

まとめ

今回は身近でこれからみんなが使う新札の特に一万円札について

「新1万円札のデザインや画像は?発行いつからどこで?手に入れる方法も」

と題して調査してみました!

様々な意見があると思いますが、使っているうちに愛着がでるデザインになっていってほしいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です