即位の礼/皇居周辺爆発の詳しい場所や原因は?被害状況も

国の最重要儀式の即位礼正殿の儀が行われる10月22日は25000人の警察が全国から集まり警備にあたっています。これから大規模な交通規制も行われますが、交通規制が敷かれる前の朝6時過ぎに皇居周辺付近で爆発と黒煙が上がりテロではないかと緊張が走りました。

今のところテロの可能性は今のところ低いようですが、

「即位の礼/皇居周辺爆発の詳しい場所や原因は?被害状況も」と題して情報をまとめたのでご覧ください。

Sponsored Links

即位の礼/皇居周辺の爆発の詳しい場所や原因は?

東京消防庁の報告によると爆発の場所は三宅坂交差点の内堀通り沿いとの見方が強かったですが、どうやら首都高速三宅坂トンネル内で爆発が起こったようです。

原因は車4台を積むトレーラーの事故が原因で出火、爆発が起こり黒煙が立ちこめたということでテロの可能性は低いとのことです。

事故の詳細については追ってお伝えしていきます。

 

即位の礼/皇居周辺の爆発の被害状況は?

今のところ事故の被害状況はトレーラー一台の炎上ということしかわかっていません。

即位の日の大規模な交通規制の前だったこともあり、交通量が非常に多かったので渋滞は免れないでしょう。

天皇、皇后両陛下も赤坂御所から高速道路を使って皇居に向かわれる予定でしたが一般道を利用されるようです。

まとめ

緊張感が走りましたがテロの可能性が低いとのことで今のところ即位礼正殿の儀については予定通り開催されます。

新しい爆発の情報につきましては引き続き「即位の礼/皇居周辺爆発の詳しい場所や原因は?被害状況も」でお伝えしていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です